こんな方におすすめ

フォトマスター検定は、こんな方々が、こんな形で受験しています。

  • 趣味の写真の世界で着実に一歩前進したい方
  • 生涯学習の目標やレベルアップをめざす初級~上級の写真愛好者
  • 中学・高校・大学などの写真部(サークル)単位
  • 一般写真サークル・クラブ単位でのレベル別受験
  • 一般写真サークル・クラブ等で指導的立場にある方
  • 編集・デザイン・マスコミ関連の専門学校単位、あるいは学生個人
  • 編集・デザイン・マスコミ関係職種従事者
  • 写真関連メーカーで営業・販売・事務職に従事する方、あるいは会社・部署単位
  • 写真関連小売業の従業員、あるいは会社・店舗単位
  • カメラ店・プリントショップの経営者や、パート等を含む従業員

フォト検の役割と、その機能する幅広い分野

関連業界での職員のキャリアアップと資格取得
メーカーから小売業に至るまで、写真・カメラ関連の営業、販売、事務職員のスキル・キャリアアップと資格取得に向けて広く導入されています。フォト検のスタンダードとしての普遍的で確かな実用知識は、顧客の獲得・販売促進 ・商品開発・職能域の活性化等に着実に貢献します。
学生の目標設定と実現に向けて
デジタル化の進展で、写真の撮影と関連知識が不可欠となった編集・デザイン・マスコミ業界。これらをめざすための学校や学科では、学習カリキュラムおよび学生の就職支援に向けた推奨資格としての採用、また、中学・高校・大学の写真部などでは、部員の学習目標設定やスキルアップのために……と、学校・学科・クラブ単位などでの団体受験も進んでいます。
便利に楽しく写真を学べる
初級から上級すべての写真愛好者にとっては、実践・実用的な知識の修得~確認と「写真力」のアップをめざすために、便利に楽しく活用できます。個人はもちろん、愛好者グループやクラブ単位での団体受験も、レベルアップに効果的です。